ベルカント(商品) DVD6枚組 平凡の友



ベルカント(商品) DVD6枚組

ベルカント(商品)

ベルカント(DVD商品)

BELCANTO
The Tenors of the 78 Era
A ducumentary film series about the great tenors in the first half of the 20th cenntury

ベルカント
― 映像で辿るSP盤時代の名テノールたち ―

 20世紀前半、世界のオペラ界のスーパー・スターとして活躍し、現代につながる発声法の基礎を確立したカルーソー、スキーパー、ジーリをはじめとして、レコード(蓄音機)と映画の発明、発展と共に生きたベルカントを代表する12人のテノールたちにスポットをあてたドキュメントDVD。

 貴重な映像と、音楽専門家の分析、生き証人の回想などにより、スーパー・スターの知られざる真の実力と素顔に迫る。

DVD6枚組+特典DVD+特典CD(直輸入)

「SOLD OUT」


☆すべてはここから始まった。今日のオペラ界のルーツがここに ―。☆

 オペラ史、声楽史を考えるうえで、20世紀という時代は、それ以前と比較していかなる意味を持っているか。
18世紀の伝説上のカストラート(去勢した男声アルト)のファリネッリ(1705〜1782、本名カルロ・ブロスキ)あるいは、最初に三点へ音をファルセットで出したと伝えられるソプラノ、カテリーナ・ガブリエリ(1730〜1781)、更には胸声の二点ハ音を出した歴史上最初のテノール、ジルベール・デュプレ(1806〜1896)らの声がどんなものであったか、現在の我々は文献から想像することしかできない。

 1878年に誕生したレコード吹き込みは、当時の有名な歌手たちの声と歌を、そこに刻み修めることとなる。今世紀初頭に興ったレコード産業の業績によって、19世紀末以後の多くの歌唱の一端を、現代の我々は知ることができるようになった。まず、19世紀末から20世紀への移行期における最大の注目事は、発声技術の改革である。
 18世紀のカストラートから19世紀のガブリエリ、デュプレらが歌っていた時代のベルカントの唱法は、
19世紀中葉のヴェルディの登場以降、声の名人芸・曲芸よりもドラマトゥルギーを重視するものへと変化して行った。

 ヴェルディからヴェリズモ・オペラの時代となった19世紀末から20世紀初頭が、正にレコードの発明からレコード産業の誕生と時代を同じくするのだ。
歌唱における声のあり方、歌い方のあり方の変化は、当然のことながら発声技術をも変革させて行く。それ故に、この「過渡期」における録音には、旧世代と新世代の双方が収められている。
その新世代を代表する歌手が、テノールのエンリーコ・カルーソー(1873〜1921)であった。
声の共鳴腔の活用部分の拡大、そのための横隔膜の使い方の改革、それによって生まれる素晴しく充実した中声域と、より力強く輝かしい高声域の迫力といった今日の声楽家が規範とする発声法の基礎は、カルーソーによって確立されたと言っても過言ではない。
カルーソーの声の魅力は抗し難く、多くの追随者を生み出し、20世紀声楽界の常識へと定着して行くのである。
20世紀前半は、カルーソーを出発点としたテノール歌手が、オペラ界をリードした時代でもあった。

 オペラ界の「新しい声のスター」であるテノール歌手達は、当時日の出の勢いだあった映画産業にも進出した。
それ故に、この名歌手達は、録音のみならず、映像によっても記録される事となったのだ。

 今日のオペラ界のルーツが、ここに収められていると言っても過言ではない。すべてはここから始まったのだ。
(國土潤一)

ベルカント(DVD商品) 【DVD 1 (56分)】

◎エンリコ・カルーソー Enrico Caruso (1873.2.27-1921.8.2)

 「ザ・カルーソー」と呼ばれた不世出のテノール。
1894年に生地でデビュー、1898年ミラノのテアトロ・リリコで《フェドーラ》(ジョルダーノ)のロリスを創唱。
1902年にはトスカニーニの指揮でミラノ・スカラ座に出演し、その名声を確立、翌年メトロポリタン歌劇場に出演して以来、その人気は不動のものとなり、多くの追随者を生んだ。SP時代のレコード産業に200曲以上の録音を残したが、歌手としての絶頂期に夭逝した。

◎ベニアミーノ・ジーリ Beniamino Gigli (1890.3.20-1957.11.30)

 カルーソーの次世代のテノールの中でも、最高のスターと呼ぶべき存在であった。
幼少より聖歌隊で歌っていたジーリは、生地とローマで学び、1914年パルマのコンクールで優勝しデビュー、ヨーロッパ各地で活躍し、1918年トスカニーニの指揮によるボーイトの《メフィストーフェレ》でミラノ・スカラ座にデビュー。
以来引退までイタリア最高のテノールの地位にあった。
リリコ・レッジェーロからスピントまで幅広いレパートリーを誇る。

●カルソー
   1.おお、パラダイス:歌劇「アフリカの女」(マイアベーア)
   2.見よ、恐ろしい火を:歌劇「トロヴァトーレ」(ヴェルディ)
   3.浄きアイーダ:歌劇「アイーダ」(ヴェルディ)
   4.人知れぬ涙:歌劇「愛の妙薬」(ドニゼッティ)
   5.つれない心『カタリ・カタリ』(カルディッロ)
   6.ラシェルよ、主の恵みに:歌劇「ユダヤの女」(アレヴィー)
   7.衣装をつけろ歌劇「道化師」(レオンカヴァルロ)

●ジーリ
   8.おお、パラダイス:歌劇「アフリカの女」(マイアベーア)
   9.あなたは私の命(不詳)
   10.窓を開けよ:歌劇「イリス」(マスカーニ)
   11.「ペネロープ」(不詳)
   12.星は光ぬ:歌劇「トスカ」(プッチーニ)
   13.最愛の人はあなた(不詳)
   14.見たこともないすばらしい美人:歌劇「マノン・レスコー」(プッチーニ)

ベルカント(DVD商品) 【DVD 2 (57分)】

◎ラウリッツ・メルヒオール Lsuritz Melchior (1890.3.20-1973.3.18)

 デンマーク出身のヘルデン・テノール。生地で学び1913年バリトンとしてデビュー。
1918年にテノールとしてタンホイザーを歌い再デビューし、1942年コヴェントガーデン王立歌劇場やバイロイト音楽祭に進出し名声を不動のものとした。
1926年にはメトロポリタン歌劇場にデビューし、以来1950年の引退まで同オペラを中心に一世を風靡した。
ワグナー・テノールとしては、20世紀前半を代表する存在であった。

◎ヘルゲ・ロスヴェンゲ Helge Roswaenge (1897.8.29-1972.6.19)

 デンマークとドイツで学び、この両国を中心にヨーロッパ各地で活躍したテノール。
1930年ウィーン国立歌劇場、1932年ザルツブルク音楽祭、1934年バイロイト音楽祭に続々とデビューを果たし、ミラノ・スカラ座やコヴェントガーデン王立歌劇場でも成功を収めた。
モーツァルト・テノールとして、またワーグナーのリリックなヘルデン・テノール、更にはドイツ語圏でのヴェルディ歌手として高い評価を得た。
後年は指揮者としても活躍した。

●メルヒオール
   1.おお、パラダイス:歌劇「アフリカの女」(マイアベーア)
   2.父が約束した剣:歌劇「ヴァルキューレ」(ワーグナー)
   3.ホーホー、ホーホー、ホーハイ。鍛えろ、かなづち、堅い剣を:歌劇「ジークフリート」(ワーグナー)
   4.神よ!あなたは私に不幸を与えられた:歌劇「オテロ」(ヴェルディ)
   5.衣装をつけろ:歌劇「道化師」(レオンカヴァルロ)
   6.あなただけに(H.ギール)
   7.峠の我が家(アメリカ民謡)
   8.君を愛す:「4つのデンマーク語の歌〈心の歌〉」(グリーグ)

●ロスヴェンゲ
   9.おお、パラダイス:歌劇「アフリカの女」(マイアベーア)
   10.冷たい手を/そうだ!頭を働かせろ:歌劇「ボエーム」(プッチーニ)
   11.火の騎士:「メーリケ詩集」(ヴォルフ)
   12.楽劇「神々のたそがれ」から(ワーグナー)
   13.ああここは、何といういう暗さだ:歌劇「フィデリオ」(ベートーヴェン)
   14.その種のご相談は:歌劇「道化師」(レオンカヴァルロ)

ベルカント(DVD商品) 【DVD 3 (56分)】

◎レオ・スレザーク Leo Slezak (1873.8.18-1946.6.1)

 オーストリアのテノール。ブルーノで学び同地で1896年ローエングリン役でデビュー。
1900年には同役でコヴェントガーデン王立歌劇場に進出、翌年にはマーラーの招きでウィーン宮廷歌劇場に出演。
1907年にはパリで往年の名歌手ジャン・ド・レスケに師事し直す。
1909年にメトロポリタン歌劇場にオテロで出演し一世を風靡した。
1920年以降は舞台を引退し、ドイツの映画界で、喜劇俳優として活躍した。

◎リヒャルト・タウバー Richard Tauber (1891.5.16-1948.1.8)

 ユダヤ系オーストリア人の名テノール。フランクフルトとフライブルクで学んだ後、1913年
ケムニッツで《魔笛》のタミーノを歌ってデビュー。
ドレスデン宮廷歌劇場、ベルリン国立歌劇場、ウィーン国立歌劇場と超一級の歌劇場と契約を結び、リリック・テノールからヘルデン・テノールまで幅広い役柄を歌った。
その一方で、レハールとの親交からオペレッタ歌手としても活躍。
ナチスに追われ1938年以後ロンドンに移住し1940年に帰化。

●スレザーク
   1.おお、パラダイス:歌劇「アフリカの女」(マイアベーア)
   2.歌劇「ガスパローネ」から(ミレッカー)
   3.ああ マティルデよ、私の魂の憧れである女よ:歌劇:「ウィリアム・テル」(ロッシーニ)
   4.清らかな思い出は永久に去り:歌劇「オテロ」(ヴェルディ)
   5.かんなの歌(ライムント/クロイツァー)
   6.野辺の咲く最後のバラ(R.シュトルツ)
   7.語らぬ愛:「アイヒェンドルフ詩集」(ヴォルフ)
   8.機嫌を直して(R.シュトルツ)

●タウバー
   9.お前が投げたこの花は〈花の歌〉:歌劇「カルメン」(ビゼー)
   10.ウィーンわが夢の街(ジーツィンスキー)
   11.衣装をつけろ:歌劇「道化師」(レオンカヴァルロ)
   12.ピアノ・ソナタ ト長調(シューベルト)
   13.彼女こそ私の宝:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」(モーツァルト)
   14.クラインザックのバラード:歌劇「ホフマン物語」(オッフェンバック)
   15.君はわが心のすべて:喜歌劇「微笑みの国」(レハール)
   16.君こそわが命(タウバー)
   17.喜歌劇「こうもり」序曲(J.シュトラウス)指揮
   18.小鳥が来たよ(ドイツ民謡)
   19.セレナーデ:歌曲集「白鳥の歌」(シューベルト)

ベルカント(DVD商品) 【DVD 4 (56分)】

◎ティート・スキーパ Tito Schipa (1889.1.2-1965.12.16)

 リリコ・レッジェーロとしてのスキーパは、20世紀の現代的な発声技術と、19世紀の耽美主義的歌唱表現を融合させたユニークなものであった。
1910年ヴェルチェッリで《椿姫》のアルフレードでデビューした後、南米でキャリアを重ねた彼は、1915年
ミラノ・スカラ座に戻り、以来72歳で引退するまで欧米各地で活躍した。
声楽以外にピアノや作曲も学んだスキーパは、タンゴや歌曲、オペレッタも作曲した。

◎ジョルジュ・ティル Georges Thill (1897.12.14-1984.10.17)

 20世紀フランスの最高のテノール。
パリ音楽学院で学んだ後、ナポリでフェルナンド・デ・ルチアに師事し、1918年パリ・オペラ・コミーク座で《カルメン》のドン・ホセでデビュー。
1924年以降はパリ・オペラ座を中心に活躍。
フランス・オペラはもとより、1928年の《トゥーランドット》のカラフの大成功をはじめ、イタリア・オペラやワーグナーなどでも高い評価を得た。
1953年に引退した後は、教育者としても活躍した。

●スキーパ
   1.星は光ぬ:歌劇「トスカ」(プッチーニ)
   2.姫君(パディリャ)
   3.夢のように:歌劇「マルタ」(フロトウ)
   4.メランコリー(不詳)
   5.春風よ、なぜ私を目覚めさせるのか〈オシアンの歌〉:歌劇「ウェルテル」(マスネ)
   6.お前は昇天の翼をひろげた:歌劇「ランメルモールのルチア」(ドニゼッティ)
   7.マレキアーレ(トスティ)
   8.人知れぬ涙:歌劇「愛の妙薬」(ドニゼッティ)

●ティル
   9.おお、パラダイス:歌劇「アフリカの女」(マイアベーア)
   10.歌劇「ルイーズ」から(シャルパンティエ)
   11.あなたがたの近づき得ない遥かかなたの国に:歌劇「ローエングリン」(ワーグナー)
   12.この清らかな住まい:歌劇「ファウスト」(グノー)
   13.歌劇「ヴェルサンジェトリ」から(カントルーブ)
   14.映画「シャンソン・ド・パリ」から
   15.歌劇「ルイーズ」から(シャルパンティエ)

ベルカント(DVD商品) 【DVD 5 (56分)】

◎イワン・セミョノヴィチ・コズロフスキー Ivan Semyonovich Kozlovsky (1900.3.24-1993.12.23)

 旧ソビエト連邦のテノール。
ウクライナのキエフで学び、1918年ウクライナのポルタワでグノーの《ファウスト》の主役でデビュー。
キャリアを重ねた後1926年、モスクワのボリショイ歌劇場の専属歌手となり、1954年まで所属した。
ロシア・オペラの主要なテノールの役柄を中心に、ドイツやイタリアのオペラも歌った。
3度のレーニン賞受賞。ソビエト連邦を代表するテノールとして活躍した。

◎ヨーゼフ・シュミット Joseph Schmidt (1904.3.4-1942.11.16)

 ルーマニアのテノール。ウィーンとベルリンで学んだ。
リリック・テノールとしての美しい声と抒情性に溢れた音楽性を持っていたが、身体的問題によってオペラの舞台に立つ事はかなわなかった。
しかし、1928年ベルリンのラジオ放送で歌ったマイアベーアの《アフリカの女》が高く評価され、放送、録音、映画、そしてコンサートを中心に活躍した。
モーツァルト、ヴェルディ、プッチーニのリリック・テノールの役柄を得意とした。

●コズロフスキー
   1.快い歌声は消えて:歌劇「ローエングリン」(ワーグナー)
   2.乙女よ、私のために歌わないで 作品44(ラフマニノフ)
   3.どこへ、どこへ逃げさってしまったのだ:歌劇「エウゲーニ・オネーギン」(チャイコフスキー)
   4.風吹き来たらず(ロシア民謡)
   5.愛こそ心の太陽だ:歌劇「リゴレット」(ヴェルディ)
   6.ナタルカのアリア:歌劇「ナタルカ・ポルタフカ」(ルィーセンコ)
   7.ウクライナ民謡
   8.吹け、そよ風よ(民謡)
   9.ピアノ・ソナタ 第8番 《戦争ソナタ》第2楽章から(プロコフィエフ)
   10.歌劇「ボリス・ゴドノフ」から(ムソルグスキー)

●シュミット
   11.おお、パラダイス:歌劇「アフリカの女」(マイアベーア)
   12.愛の病(B.ペッチア)
   13.私は神のしもべ【アラム語の祈り】
   14.夢のように:歌劇「マルタ」(フロトウ)
   15.ラシェルよ、主の恵みにより:歌劇「ユダヤの女」(アレヴィー)
   16.君に愛を歌う(H.マイ)
   17.ワインとワルツの街ウィーン(H.マイ)
   18.憧れを知る人のみが(H.マイ)
   19.ナポリのマンドリン(タリアフェリ)
   20.ティリトンバ(イタリア民謡)

ベルカント(DVD商品) 【DVD 6 (56分)】

◎ジョン・マコーマク John McCormack (1884.6.14-1945.9.16)

 アイルランド出身のテノール。
正規の音楽教育を受ける前に既に高く評価され、ダブリンの聖歌隊でも歌っていた。
その後、1905年ミラノで学び、翌年ジェノヴァ近郊のサヴォーナでデビュー。
イタリアで活躍した後、イギリスに戻り、1907年コヴェントガーデン王立歌劇場にデビュー。
1910年にはメトロポリタン歌劇場に進出し、1917年にはアメリカの市民権を得る。
オペラ以外にもアイルランド歌曲も得意とした。

◎ユッシ・ビョルリンク Jussi Bjorling (1911.2.5-1960.9.9)

 スウェーデン出身のビョルリンクは、イタリア人以外で最もイタリア的な美声を出した名テノールであった。
音楽一家に生まれストックホルムで学んだ後、1930年同地でデビュー、その後ヨーロッパ各地で歌い、1938年のメトロポリタン歌劇場での大成功により、その名声を不動のものとした。
演技力に難があったが、その声の素晴しさと格調高い歌い口は、多くの人に愛された。
キャリアの頂点で、49歳の若さで急逝。

●マコーマク
   1.優しい魂よ:歌劇「ファヴォリータ」(ドニゼッティ)
   2.なつかしい地よ(ドナウディ)
   3.ただ今日のために(シーヴァー)
   4.天使の糧(C.フランク)
   5.恋人を慰めて:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」(モ−ツァルト)
   6.そして君は僕を思い出す:歌劇「ボヘミアの少女」(バルフ)
   7.森の寂しさの中で:「6つの歌」(ブラームス)
   8.アイ・ヒア・ユー・コーリング・ミー(C.マーシャル/H.ハーフォード)

●ビョルリンク
   9.おお、パラダイス:歌劇「アフリカの女」(マイアベーア)
   10.あなたに伝えたい(ファイアーストーン)
   11.今度の航海は無事だろうか:歌劇「仮面舞踏会」(ヴェルディ)
   12.愛らしい乙女よ:歌劇「ボエーム」(プッチーニ)
   13.インジェミスコ(われ、罪あるものとして嘆く):「レクイエム」(ヴェルディ)
   14.お前が投げたこの花は〈花の歌〉:歌劇「カルメン」(ビゼー)
   15.シルヴィアに D.891(シューベルト)
   16.海に真向かい(ヌルドクヴィスト/ロイター)

ベルカント(DVD商品) 【特典1 DVD (28分)】

◎THE SINGING ROBOT レコードの発明と名歌手たち

 レコードの録音の発明は、音楽という時間芸術・瞬間芸術の本質を、根本から変革させた。
それは記録・伝達の手段という次元を超えて、音楽の世界に多くの事をもたらしたのだ。
録音の誕生を通じて、音楽とは、あるいは歌唱とは何か、という事を、この1枚の映像は、様々な角度から考察し、検証してくれる。
更には、録音の歴史、歌唱の歴史、或いはSP時代の録音の特性や裏話にまで及ぶ内容は、興味尽きないものだ。
(國土潤一)

●おお、パラダイス:歌劇:「アフリカの女」(マイアベーア)/フェルナンド・デ・ルチア
●人知れぬ涙:歌劇「愛の妙薬」(ドニゼッティ)/ヨーゼフ・シュミット
●夜想曲 嬰ハ短調(ショパン)/キャロル・クーパー(ピアノ)
●私はもどってくる(ティート・スキーパ)/ティート・スキーパ
●美しいおとめよ:「リゴレット」(ヴェルディ)/カルーソー/ホーマー/アボット/スコッティ
●朝はばら色に輝きて:歌劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」(ワーグナー)/ラウリッツ・メルヒオール
●アヴェ・マリア(バッハ/グノー)/アレッサンドロ・モレスキー
●僕にとっては何という幸運:歌劇「連隊の娘」(ドニゼッティ)/ステファン・ズッカー
●おお、パラダイス:歌劇「アフリカの女」(マイアベーア)/アレッサンドロ・ボンチ
●あれこれが:歌劇「リゴレット」(ヴェルディ)/フェルナンド・デ・ルチア
●あの上品な態度:喜歌劇「こうもり」(J.シュトラウス)/ヴェラ・シュヴァルツ&リヒャルト・タウバー
●プロローグ:歌劇「道化師」(レオンカヴァルロ)/ジュリアス・リーバン

ベルカント(DVD商品) 【特典2 CD 直輸入 (71分)】

◎TEN TOP TENORS テン・トップ・テナー

 映像に納められた12人の名テノールのうち、カルーソー、ロスヴェンゲ、ジーリ、タウバー、ティル、マコーマク、ビョルリンク、メルヒオール、スキーパの9人に、カルーソーの次世代を代表するイタリアのドラマティック・テノール、ジョヴァンニ・マルティネッリ(1885〜1969)が加わっている。
20世紀前半のテノールの世界を、コンパクトに俯瞰させてくれる1枚である。
デジタル・リマスタリング処理により、良好な音質でお聞きいただける。
(國土潤一)

●衣装をつけろ:歌劇「道化師」(レオンカヴァルロ)
●つれない心『カタリ・カタリ』(カルディッロ)/エンリーコ・カルーソー
●友よ、物語を聞け:歌劇「ロンジュモーの郵便配達人」(アダン)
●永遠に、と彼女は言った:歌劇「フラ・ディアボロ」(オーベール)/ヘルゲ・ロスヴェンゲ
●わたしを貫いているのは/この清らかな住まい:歌劇「ファウスト」(グノー)
●星は光ぬ:歌劇「トスカ」(プッチーニ)/ベニアミーノ・ジーリ
●会うことはないだろう:歌劇「死の都」(コルンゴルト)全世界を旅行した:喜歌劇「ジプシー男爵」(J.シュトラウス)/リヒャルト・タウバー
●お前が投げたこの花は〈花の歌〉:歌劇「カルメン」(ビゼー)
●ぼくは目覚めているのか/おお、自然よ、恵みにみちた自然よ:歌劇「ウェルテル」(マスネ)/ジョルジュ・ティル
●人知れぬ涙:歌劇「愛の妙薬」(ドニゼッティ)
●子供たちにOp.26‐7(ラフマニノフ)/ジョン・マコーマク
●空と海:歌劇「ジョコンダ」(ポンキエルリ)
●風に吹かれる羽のように〈女心の歌〉:歌劇「リゴレット」(ヴェルディ)/ユッシ・ビョルリンク
●愛する白鳥よ:歌劇「ローエングリン」(ワーグナー)
●冬の日の静かな炉ばたで:楽劇「ニュルンベルクのマイスターシンガー」(ワーグナー)/ラウリッツ・メルヒオール
●ああ、あなたこそ私の恋人:歌劇「トロヴァトーレ」(ヴェルディ)
●ピアーヴェの伝説(マリオ)/ジョヴァンニ・マルティネッリ
●天使のようなおとめ:歌劇「ファボリータ」(ドニゼッティ)
●かわいい口もと(トスティ)/ティート・スキーバ
(1907〜1938年録音)

☆すべてのルーツがここにある。
  パヴァロッティもドミンゴもカレーラスも、この偉大な歌手達のDNAを受け継いだ。

 20世紀のオペラ界、声楽界の『進化』の出発点ともなったエンリーコ・カルーソー、そしてそのカルーソーの『進化』の影響を受け、更に過去の伝統との融合をはかりつつ自己の音楽家、声楽家としての語法を模索し確立した名テノール達は、他の声種であるバリトン、バスといった男声歌手に、更には女声歌手にも影響を及ぼして行く。
LPレコードの発明、ステレオ録音の発明といった録音産業の『進化』を迎えた20世紀中葉には、このカルーソーの影響は、全世界へと広まり、声楽界全体の主流となるのだ。

 SP時代にカルーソーが残した録音は、CDにして12枚分に及ぶ。
それらがかつてLP時代にまとめられた際には、イタリアでは声楽家、声楽教師、声楽学習者が先を争そって買い求めたと聞く。
ドミンゴは、ヴェルディの《仮面舞踏会》を始めて勉強する際に、ジーリの全曲録音を買い求めた。
レコード録音の発明は、音楽ファンのみならず、声楽家、声楽学習者にとっても大きな福音となったのだ。
過去の大歌手の発声、唱法、歌唱スタイルを研究する事によって、伝統を知り、そして、そこに新たに加えるべき自らの個性を探求する材料として、これらの名歌手の存在と録音という遺産が果たした役割の大きさははかり知れない。

 パヴァロッティもドミンゴもカレーラスも、更にはこの「3大テノール」の次世代の歌手達も、この偉大な歌手達のDNAを受け継ぐ子孫達なのだ。
すべてのルーツがここにある。
(國土潤一)

ベルカント(DVD商品)

ベルカント(商品)

DVD6枚組+特典DVD+特典CD(直輸入)

「SOLD OUT」