ベスト・オブ・モーツァルト CD20枚組 平凡の友



ベスト・オブ・モーツァルト CD20枚組

ベスト・オブ・モーツァルト

ベスト・オブ・モーツァルト 生誕250周年記念

申し訳ございません。この商品完売しました。

「クラシックの友」は、こちらをクリックしてください。

本名ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト(1756-1791)は、波乱に満ちた生涯のなかで、多岐にわたるさまざまな形式の楽曲を遺しています。

その中から、10の交響曲、16のピアノ協奏曲、ヴァイオリンやその他の協奏曲、アイネクライネ・ナハト・ジムークの他9の室内楽曲、「トルコ行進曲」や「きらきら星」のピアノ&ヴァイオリンソナタ、オペラ序曲とアリア、さらに最後の作品「レクイエム」までモーツァルトの代表的な傑作96曲を編集することなく収録しました。

演奏はチェコ・ナショナル交響楽団、モーツァルト・フェスティヴァル管弦楽団、ロンドンフィルハーモニー管弦楽団など一流オーケストラ、指揮もズデニュク・コシュラー、リボル・ペシェック他、ソリストはパトリック・ガロワ(フルート)、エリック・ハイドシェック(ピアノ)などの巨匠たち、まさにベスト・オブ・モーツァルトといえる全集です。

化粧箱入リ/各CDに解説カード入り

19,845円(税込) → 15,000円(税込)

お求めやすい価格に変わりました。

 
数量



1) 交響曲第25番・第29番と31番 【ベスト・オブ・モーツァルト】

第25番ト短調 K.183(173db)

(1)第1楽章:アレグロ・コン・ブリオ
(2)第2楽章:アンダンテ
(3)第3楽章:メヌエット
(4)第4楽章:アレグロ

第29番 二長調 K.201(186a)

(5)第1楽章:アレグロ・モデラート
(6)第2楽章:アンダンテ
(7)第3楽章:メヌエット―トリオーメヌエット
(8)第4楽章:アレグロ・コン・スピーリト

第31番 二長調 K.297(300a)≪パリ≫

(9)第1楽章:アレグロ・アッサイ
(10)第2楽章:アンダンテ
(11)第3楽章:アレグロ
(12)〜第2楽章:アンダンテ「第二版」

リボル・ペシェック指揮、チェコ・ナショナル交響楽団

2) 交響曲第32番、35番<ハフナー>と第36番<リンツ>【ベスト・オブ・モーツァルト】

第32番 ト長調 K.318

(1)第1楽章:アレグロ・スピリトーソ
(2)第2楽章:アンダンテ
(3)第3楽章:プリモ・テンポ

第35番 ニ長調 K.385≪ハフナー≫

(4)第1楽章:アレグロ・コン・スピリート
(5)第2楽章:アンダンテ
(6)第3楽章:メヌエット―トリオ
(7)第4楽章:プレスト

第36番 ハ長調 K.425≪リンツ≫

(8)第1楽章:アダージョ・アレグロ・スピリトーソ
(9)第2楽章:ポコ・アダージョ
(10)第3楽章:メヌエット―トリオ
(11)第4楽章:プレスト

リボル・ペシェック指揮、チェコ・ナショナル交響楽団

3)交響曲第38番<プラハ>と第39番 【ベスト・オブ・モーツァルト】

第38番 ニ長調 K.504≪プラハ≫

(1)第1楽章:アダージョ・アレグロ
(2)第2楽章:アンダンテ
(3)第3楽章:プレスト

第39番 変ホ長調 K.543

(4)第1楽章:アダージョ・アレグロ
(5)第2楽章:アンダンテ・コン・モート
(6)第3楽章:メヌエット:アレグレット―トリオ
(7)第4楽章:アレグロ

リボル・ペシェック指揮、チェコ・ナショナル交響楽団

4)交響曲第40番と第41番<ジュピター> 【ベスト・オブ・モーツァルト】

第40番 ト短調 K.550

(1)第1楽章:モルト・アレグロ
(2)第2楽章:アンダンテ
(3)第3楽章:メヌエット・アレグロ
(4)第4楽章:アレグロ・アッサイ

第41番 ハ長調 K.551≪ジュピタ-≫

(5)第1楽章:アレグロ・ヴィヴァ-チェ
(6)第2楽章:アンダンテ・カンタービレ
(7)第3楽章:メヌエット・アレグレット
(8)第4楽章:モルト・アレグロ

リボル・ペシェック指揮、チェコ・ナショナル交響楽団

5)魔笛、フィガロの結婚 他オペラ序曲集 【ベスト・オブ・モーツァルト】

(1)歌劇「アポロとヒアキントス」 K.38
(2)歌劇「パスティアンとパスティエンヌ」 K.50(46b)
(3)歌劇「ポントの王ミトリダーテ」 K.87(74a)
(4)歌劇「アルバのアスカニオ」 K.111
(5)歌劇「スキピオの夢」 K.126
(6)歌劇「ルーチョ・シッラ」 K.135
(7)歌劇「羊飼の王さま」 K.208
(8)歌劇「イドメネオ」(クレタの王イドメネオ)K.366
(9)歌劇「後宮からの誘拐」 K.384
(10)歌劇「劇場支配人」 K.486
(11)歌劇「フィガロの結婚」 K.492
(12)歌劇「ドン=ジョヴァンニ」 K.527
(13)歌劇「コシ・ファン・トゥッテ」 K.588
(14)歌劇「魔 笛」 K.620
(15)歌劇「皇帝ティートの慈悲」 K.621

(1)〜(7):ヴュルテンブルク室内管弦楽団、指揮:イエルク・フェルバー/(8):ハンガリ-国立フィルハ-モニ-管弦楽団、指揮:マンフレッド・ペ-タ-/(9):カペラ・イストロポリターナ、指揮:クラス・ペーター・モデスト/(10):ブラティスラヴァ歌劇場管弦楽団、指揮:オリヴァー・フォン・ドナニー/(11),(12),(14):チェコ・ナショナル交響楽団、指揮:マルチェル・ロタ/(13):ロンドン・フェスティヴァル管弦楽団、指揮:B.ウェス/(15):ロンドン・フェスティヴァル管弦楽団、指揮:クルト・リーデル

6)もう飛ぶまいぞ、この蝶々、窓辺においで他 オペラ・アリア集 【ベスト・オブ・モーツァルト】

歌劇「後宮からの誘拐」 K.384

(1)うれしがらせて
(2)大きな喜びに

歌劇「フィガロの結婚」 K.492

(3)もう飛ぶまいぞ、この蝶々
(4) 恋とはどんなものかしら

歌劇「ドン・ジョヴァンニ」 K.527

(5)カタログの歌「奥さん、これが恋人のカタログ」
(6)酒の歌「酒がまわっているうちに、踊りの準備だ」
(7)ぶってよ、マゼット
(8)ドン・ジョヴァンニのセレナーデ「窓辺においで」
(9)お前たち半分はこちらへ
(10)薬屋の歌「恋人よ、さあこの薬で」
(11)何というふしだらな

歌劇「コシ・ファン・トゥッテ」 K.588

(12)激しい心の痛みが
(13)岩のように動かずに
(14)愛の息吹きは
(15)恋はくせもの

歌劇「魔 笛」 K.620

(16)なんと美しい絵姿だろう
(17)夜の女王のアリア「復讐の心は地獄のように胸に燃え」
(18)この神聖なる殿堂には

ミキ・サハシ(ソプラノ)、ジョセフ・スパチェフ(バリトン)、リヒャルト・バーン(バリトン)、ボツエナ・ベルキョーバ(ソプラノ)、リッカルド・カッシネリ(テノール)他/(1),(2),(7),(17),(18):カペラ・イストロポリターナ、指揮:クラス・ペーター・モデスト/(3)〜(6):ブラティスラヴァ歌劇場管弦楽団、指揮:リヴァー・フォン・ドナニー/(8)〜(15):ブラティスラヴァ歌劇場管弦楽団、指揮:リヴァー・フォン・ドナニー/(16):ヴェルテンブルク管弦楽団、指揮:A.V.ピタミック

7)ピアノ協奏曲 第7番≪ロドロン協奏曲≫第8番≪リュッツォウ協奏曲≫第9番 ≪ジュノーム協奏曲≫ 【ベスト・オブ・モーツァルト】

3台のピアノのための協奏曲 ヘ長調(第7番)K.242≪ロドロン協奏曲≫

(1)第1楽章:アレグロ
(2)第2楽章:アダージョ
(3)第3楽章:ロンド―テンポ・ディ・メヌエット

第8番 ハ長調 K.246≪リュッツォウ協奏曲≫

(4)第1楽章:アレグロ・アープレト
(5)第2楽章:アンダンテ
(6)第3楽章:ロンド―テンポ・ディ・メヌエット

第9番 変ホ長調 K.271≪ジュノーム協奏曲≫

(7)第1楽章:アレグロ
(8)第2楽章:アンダンティーノ
(9)第3楽章:ロンド―プレスト

(1)〜(3):カルメン・ピアツィニイ(ピアノ)、アルフレド・ペール(ピアノ)、レニングラード・ゾリステン管弦楽団員、指揮:ミハイル・ガンツヴァーグ/(4)〜(6):カルメン・ピアッツィーニ(ピアノ)、アルフレド・ペール(ピアノ)、レニングラード・ゾリステン管弦楽団員、指揮:ミハイル・ガンツヴァーグ/(7)〜(8):エリック・ハイドシェック(ピアノ)、ザルツブルグ・モーツァルテウム管弦楽団、指揮:ハンス・グラーフ

8)ピアノ協奏曲 第10番・第20番 【ベスト・オブ・モーツァルト】

2台のピアノのための協奏曲 変ホ長調(第10番)K.365(316a)

(1)第1楽章:アレグロ
(2)第2楽章:アンダンテ
(3)第3楽章:ロンド:アレグロ

第20番ニ短調 K.466(カデンツァ:エリック・ハイドシェク)

(4)第1楽章:アレグロ
(5)第2楽章:ロマンス
(6)第3楽章:アレグロ・アッサイ

(1)〜(3):カルメン・ピアツィニイ(ピアノ)、アルフレド・ペール(ピアノ)、レニングラード・ゾリステン管弦楽団員、指揮:ミハイル・ガンツヴァーグ/(4)〜(6):(ピアノ)エリック・ハイドシェック、ザルツブルグ・モーツァルテウム管弦楽団、指揮:ハンス・グラーフ

9)ピアノ協奏曲 第21番・第23番 【ベスト・オブ・モーツァルト】

第21番 ハ長調 K.467

(1)第1楽章:アレグロ
(2)第2楽章:アンダンテ
(3)第3楽章:アレグロ・ヴィヴァーチェ・アッサイ

第23番 イ長調 K.488

(4)第1楽章:アレグロ
(5)第2楽章:アダージョ
(6)第3楽章:アレグロ・アッサイ

(1)〜(6):(ピアノ)エリック・ハイドシェック、ザルツブルグ・モーツァルテウム管弦楽団、指揮:ハンス・グラーフ

10)ピアノ協奏曲第26番≪戴冠式≫・第27番 【ベスト・オブ・モーツァルト】

第26番 ニ長調 K.537≪戴冠式≫(カデンツァ:ターニャ・ハイドシェックとエリック・ハイドシェック)

(1)第1楽章:アレグロ
(2)第2楽章:ラルゲット
(3)第3楽章:アレグレット

第27番変ロ長調 K.595

(4)第1楽章:アレグロ
(5)第2楽章:ラルゲット
(6)第3楽章:アレグロ

(1)〜(6):(ピアノ)エリック・ハイドシェック、ザルツブルグ・モーツァルテウム管弦楽団、指揮:ハンス・グラーフ

11)ピアノソナタ 第8番・第10番・第11番「トルコ行進曲付」他 【ベスト・オブ・モーツァルト】

第8番 イ短調 K.310(300d)

(1)第1楽章:アレグロ・マエストーソ
(2)第2楽章:アンダンテ・カンタービレ・コン・スプレシオーネ
(3)第3楽章:プレスト

第10番 ハ長調 K.330(300h)

(4)第1楽章:アレグロ・モデラート
(5)第2楽章:アンダンテ・カンタービレ
(6)第3楽章:アレグレット

第11番 イ長調 K.331「トルコ行進曲付」

(7)第1楽章:主題(アンダンテ・グラツィオ-ソ)と変奏
(8)第2楽章:メヌエット
(9)第3楽章:トルコ風(アレグレット)

幻想曲 ニ短調 K.397

(10)アンダンテ―アダージョ―アレグレット

幻想曲 ハ短調 K.475

(11)アンダンテ―アダージョ-アンダンティーノ-ピウ・アレグロ-アダージョ

(ピアノ)(1)〜(3):ワルター・クリーン/(4)〜(6):フリードマン・リーガー/(7)〜(9):エリック・ハイドシェック/(10):マリアン・ピヴカ/(11):ペーター・シマルフス

12)ピアノ・ソナタ第12番・第15番 他 【ベスト・オブ・モーツァルト】

第12番 へ長調 K.332(300K)

(1)第1楽章:アレグロ
(2)第2楽章:アダージョ
(3)第3楽章:アレグロ・アッサイ

第15番 ハ長調 K.545

(4)第1楽章:アレグロ
(5)第2楽章:アンダンテ
(6)第3楽章:ロンド―アレグレット
(7)きらきら星の主題による変奏曲 ハ長調 K.265(300e)
(8)ロンド ニ長調 K.485
(9)ロンド イ短調 K.511
(10)アンダンテ K.616
(11)メヌエット―トリオ ト長調 K.1(1e)
(12)メヌエット ヘ長調 K.2
(13)アレグロ 変ロ長調 K.3
(14)メヌエット へ長調 K.4
(15)メヌエット ヘ長調 K.5
(16)アレグロ ハ長調 K.9a
(17)小葬送行進曲 ハ短調 K.453a

(ピアノ)(1)〜(3):ケマル・ゲキチ/(4)〜(6):エリック・ハイドシェック/(7):吉田真穂/(8)〜(10):ペ-タ-・シュマルフス/(11)〜(16):ワルター・クリーン/(17):木幡律子

13)ヴァイオリン協奏曲 第3番・第5番他 【ベスト・オブ・モーツァルト】

第3番 ト長調 K.216(カデンツァ:サム・フランコ)

(1)第1楽章:アレグロ
(2)第2楽章:アダージョ
(3)第3楽章:ロンド ー アレグロ

第5番 イ長調≪トルコ風≫ K.219(カデンツァ:サム・フランコ)

(4)第1楽章:アレグロ・アペルト
(5)第2楽章:アダ-ジョ
(6)第3楽章:ロンド・テンポ・ディ・メヌエット
(7)ヴァイオリンと管弦楽のためのロンド 変ロ長調 K.269(261a)

(1)〜(6):ミラ・ゲオルギエヴァ(ヴァイオリン)、ソフィア・ゾリステン、プラメン・デュロフ(指揮)/(7):スーザネ・ラウテンバッハー(ヴァイオリン)、ヴュルテンブルク室内管弦楽団、指揮:イエルク・フェルバー

14)ヴァイオリン・ソナタ 第24番・第25番・第38番・第41番 【ベスト・オブ・モーツァルト】

第24番 ハ長調 K.296

(1)第1楽章:アレグロ・ヴィヴァーチェ
(2)第2楽章:アンダンテ・ソステヌート
(3)第3楽章:ロンド―アレグロ

第25番 ト長調 K.301(293a)

(4)第1楽章:アレグロ・コン・スピリート
(5)第2楽章:アレグロ

第38番 ハ短調 K.403(385c)

(6)第1楽章:アレグロ・モデラート
(7)第2楽章:アンダンテ
(8)第3楽章:アレグレット

第41番 変ホ長調 K.481

(9)第1楽章:モルト・アレグロ
(10)第2楽章:アダージョ
(11)第3楽章:アレグレット(テーマ&ヴァリエーション)

(1)〜(11):ノーラ・チャステン(ヴァイオリン)、フリードマン・リンガー(ピアノ)

15)フル-トとハ-プのための協奏曲/フルート協奏曲 第2番/ファゴット協奏曲 変ロ長調 【ベスト・オブ・モーツァルト】

フル-トとハ-プのための協奏曲 ハ長調 K.299(297c)

(1)第1楽章:アレグロ
(2)第2楽章:アンダンティ-ノ
(3)第3楽章:ロンド・アレグロ

フルート協奏曲 第2番 ニ長調 K.314(285d)

(4)第1楽章:アレグロ・アペルト
(5)第2楽章:アダージョ・マ・ノン・ トロッポ
(6)第3楽章:アレグロ

ファゴット協奏曲 変ロ長調 K.191(186e)

(7)第1楽章:アレグロ
(8)第2楽章:アンダンテ・マ・アダージョ
(9)第3楽章:ロンド―テンポ・ディ・メヌエット

(1)〜(3):パトリック・ガロワ(フル-ト)、フレデリック・カンブレラン(ハ-プ)、フランス室内合奏団、指揮:エマニュエル・クリビン/(4)〜(6):パトリック・ガロワ(フル-ト)、フランス室内合奏団、指揮:エマニュエル・クリビン/(7)〜(9):カミール・スレター(ファゴット)、モーツァルト・フェスティヴァル管弦楽団、指揮:アルベルト・リッツィオ

16)ホルン協奏曲 第1番・第2番・第3番/オ-ボエ協奏曲 【ベスト・オブ・モーツァルト】

ホルン協奏曲 第1番 ニ長調 K.412(386b)

(1)第1楽章:アレグロ
(2)第2楽章:ロンド―アンダンテ

ホルン協奏曲 第2番 変ホ長調 K.417

(3)第1楽章:アレグロ・マエストーソ
(4)第2楽章:アンダンテ
(5)第3楽章:ロンド

ホルン協奏曲 第3番 変ホ長調 K.447

(6)第1楽章:アレグロ
(7)第2楽章:ロマンス―ラルゲット
(8)第3楽章:アレグロ

オ-ボエ協奏曲 ハ長調 K.314

(9)第1楽章:アレグロ・アペルト
(10)第2楽章:アンダンテ・マ・ノン・トロッポ
(11)第3楽章:ロンド・アレグレット

(1),(2):ホセ・ファロウ(ホルン)、カメラータ・ラバセンシス、指揮:クルト・レーデル/(3)〜(8):ジョセフ・ドクピル(ホルン)、モーツァルト・フェスティヴァル・管弦楽団、指揮:アルベルト・リッツオ/(9)〜(11):イヴォ・ロゲリック(オ-ボエ)、カメラ-タ・ラバセンシス、指揮:クルト・レ-デル

17)クラリネット協奏曲/クラリネット五重奏曲≪シュタトラー≫ 【ベスト・オブ・モーツァルト】

クラリネット協奏曲 イ長調 K.622

(1)第1楽章:アレグロ
(2)第2楽章:アダージョ
(3)第3楽章:ロンド ―アレグロ

クラリネット五重奏曲イ長調≪シュタトラー≫ K.581

(4)第1楽章:アレグロ
(5)第2楽章:ラルゲット
(6)第3楽章:メヌエット
(7)第4楽章:アレグレット・コン・ヴァリアツィオ

(1)〜(3):ゲルド・スターク(クラリネット)、ヴュルテンブルク室内管弦楽団、指揮:イエルク・フェルバー/(4)〜(7)ジャック・ランスロ(クラリネット)、巌本真理弦楽四重奏団

18)セレナード 第13番≪アイネ・クライネ・ナハトムジ-ク≫/ディヴェルティメント 【ベスト・オブ・モーツァルト】

セレナード 第13番ト長調 K.525 ≪アイネ・クライネ・ナハトムジ-ク≫

(1)第1楽章:アレグロ
(2)第2楽章:ロマンツァ―アンダンテ
(3)第3楽章:メヌエット―アレグレット
(4)第4楽章:ロンド―アレグロ

ディヴェルティメント ニ長調 K.136(125a)

(5)第1楽章:アレグロ
(6)第2楽章:アンダンテ
(7)第3楽章:プレスト

ディヴェルティメント 変ロ長調 K.137(125b)

(8)第1楽章:アンダンテ
(9)第2楽章:アレグロ・ディ・モルト
(10)第3楽章:アレグロ・アッサイ

ディヴェルティメント ヘ長調 K.138(125c)

(11)第1楽章:アレグロ
(12)第2楽章:アンダンテ
(13)第3楽章:ロンド―プレスト

(1)〜(7):ベルリン室内管弦楽、音楽監督:ヴァイオリン:カトリーン・ショルツ/(8)〜(13):スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団、指揮:リボル・ペシェク

19)弦楽四重奏曲 第15番・第17番/ピアノ四重奏曲 第1番 【ベスト・オブ・モーツァルト】

弦楽四重奏曲 第15番 ニ短調 K.421(417b)

(1)第1楽章:アレグロ
(2)第2楽章:アンダンテ
(3)第3楽章:メヌエット:アレグロ
(4)第4楽章:アレグロ・マ・ノン・トロッポ

弦楽四重奏曲 第17番 変ロ長調 K.458≪狩≫

(5)第1楽章:アレグロ・ヴィヴァーチェ・アッサイ
(6)第2楽章:メヌエット―モデラート
(7)第3楽章:アダージョ
(8)第4楽章:アレグロ・アッサイ

ピアノ四重奏曲 第1番 ト短調 K.478

(9)第1楽章:アレグロ
(10)第2楽章:アンダンテ
(11)第3楽章:ロンド―アレグロ

(1)〜(4):ストリング・クヮルテット ARCO(アルコ)/(5)〜(8):ザルツブルク・モーツァルトチューム四重奏団/(9)〜(11):ベルリン・フルハーモニー・ピアノ四重奏団

20)レクイエム/証聖者の荘厳な晩祷(ヴェスペレ) 【ベスト・オブ・モーツァルト】

レクイエム ニ短調 K.626

(1)入祭誦:永遠の安息を
(2)キリエ
(3)怒りの日々
(4)ラッパは驚くべき音を
(5)恐るべき御稜威(みいつ)輝く王よ
(6)思い出してください、慈しみ深いイエス様
(7)呪われた者は退けられて
(8)その日は涙に暮れる日
(9)主イエス・キリスト
(10)讃美と生け贄と祈りを
(11)サンクトゥス[聖なるかな]
(12)ベネディクトゥス[祝福されますように]
(13)アーニュス・デーイ[神の子羊よ]
(14)聖体拝領誦

証聖者の荘厳な晩祷(ヴェスペレ)K.339

(15)主をほめたたえよ
(16)我が魂は主をあがめ

(1)〜(14):マグダレナ・ハヨシュオヴァ(ソプラノ)、ヤロスラヴァ・ホーシュカ(アルト)、ジョセフ・クンドラク(テノール)、ペーター・ミクロス(バス)、スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団・合唱団、合唱団指揮:ステファン・クリモ、指揮:ズデニェク・コシュラー/(15),(16):シュトゥットガルト・フィギュラル合唱団、シュトゥットガルト・バッハ・コルギューム、ヘルムート・リリング(指揮)



申し訳ございません。この商品完売しました。

「クラシックの友」は、こちらをクリックしてください。

ベスト・オブ・モーツァルト 生誕250周年記念

化粧箱入リ/各CDに解説カード入り

19,845円(税込) → 15,000円(税込)

お求めやすい価格に変わりました。

 
数量
カタログ請求はこちらをクリック