曽我量深先生筆「佛様とは」普及版 平凡の友



曽我量深先生筆「佛様とは」普及版

曽我量深先生筆「佛様とは」普及版

申し訳ございません。この商品完売しました。

代替商品
曽我量深先生筆「佛様とは」特装版

【所蔵】東本願寺 ロサンゼルス別院
    1956年1月21日筆
【額装仕様】
 用  紙:越前鳥の子和紙
      (継ぎ目のない1枚の鳥の子和紙)
 印  刷:美術シルク印刷
 額  装:木製枠 アクリルガラス
 額 寸法:64p×24.5p
 本紙寸法:50p×13.5p

「平凡の友」は全商品・送料無料です。
カートはもちろん、24時間・365日・電話対応しています。
どこよりも最高のサービスを目標にしています。
どうぞお気軽にご連絡ください。

曽我量深先生筆「佛様とは」普及版
定価 33,600円(税込)

 
数量

曽我量深(そが・りょうじん)曽我量深(そが・りょうじん)
明治8年 新潟県西蒲原郡円徳寺、富岡量導の三男として生まれる。
明治30年 新潟県南蒲原郡浄恩寺に入寺。曽我恵南の養子となり、曽我姓となる。
明治32年 真宗大学(現・大谷大学)本科卒業。
明治36年 清澤満之主宰の浩々洞に入洞。
明治44年 真宗大学の京都移転に反対して就任、故郷に帰り、金子大栄と親交を深める。
大正5年 金子大栄の後を継ぎ、清澤満之が創刊した雑誌『精神界』の編集責任者として上京。同年、東洋大学教授に就任。
大正14年 大谷大学教授に就任。
昭和5年 「如来表現の範疇としての三心観」が異安心(宗義違反)とされ就任。同年、京都市左京区に金子大栄らとともに興法学園を設立。
昭和16年 真宗大谷派講師、大谷大学教授に復職。
昭和26年 大谷大学名誉教授となる。
昭和30年 渡米。
昭和34年 東本願寺侍薫寮寮頭に就任。
昭和36年 大谷大学学長に就任。
昭和40年 勲三等瑞宝章を受章。
昭和46年 逝去。享年95歳。



申し訳ございません。この商品完売しました。

代替商品
曽我量深先生筆「佛様とは」特装版


「法話の友」は、こちらをクリックしてください。

「平凡社改訂新版世界大百科事典の友」は、こちらをクリックしてください。

 

和の世界メニュー(仏教法宝物)

平凡の友メニュー

サイト内検索


お勧め商品メニュー

このサイトについて


Copyright (C) 2007 平凡の友 All Rights Reserved.

音楽教育の世界和の世界世界民族音楽の世界ジャズ音楽の世界クラシック音楽の世界トレンドの世界昭和・歌謡曲・話芸の世界
お勧め商品資料請求・お申し込み平凡の友通信平凡の友リンク集運営者情報特定商取引法に関する表記プライバシーポリシー