金子大榮先生筆「彼岸への道」 平凡の友



金子大榮先生筆「彼岸への道」

かねこ・だいえい・せんせい・ひがん・への・みち

金子大榮先生筆「彼岸への道」

教願寺住職 釜田哲男
「彼岸」については金子先生の『彼岸の世界』の冒頭にこのような言葉が記されています。
「彼岸の世界―それは吾々のまだ見ぬ真実の国であり、同時にまた懐かしき魂の郷里である。これに対する此岸の世界は住み慣れし虚偽の国であり、同時にまたその流浪の始を忘れられし他郷である。」と。
現在の日本の社会とは「魂の郷里」を見失って、しかも「虚偽の国」を真実と思い誤ったまま「流浪」している世界なのかと頷けてきます。
七十歳にもう一歩となり、時々持病に悩まされるとき、あらためて「彼岸の世界」と「如来の本願」そして、「彼岸への道」が「お前にも用意されているよ」と聞こえてくるのです。
【解説より一部抜粋】

【仕様・体裁】
用   紙:越前鳥の子和紙
 印   刷:デジタル特殊印刷
 本紙寸法:38p×32.5p
 掛軸寸法:121p×47.5p
 表    装:仏仕立京表装
    一文字 清光金襴 竹屋町唐草
    中 廻 貴船緞子 一重蔓唐花
    軸 首 黒塗木軸
    桐箱タトウ入・防虫香入
 解   説:釜田哲男(教願寺住職)


どこよりも最高のサービスを目標にしています。
どうぞお気軽にご連絡ください。

金子大榮先生筆「彼岸への道」


※販売価格は税込価格です。


金子大榮(かねこ・だいえい)金子大榮(かねこ・だいえい)
(明治14年 新潟県高田市に生まれる。
明治37年 真宗大学卒業。
大正 5年 真宗大谷大学教授。
昭和 5年 広島文理科大学講師。
昭和16年 大谷大学教授となる。
昭和23年 11月7日「宗祖を憶ふ」三河にて発表
昭和26年 大谷大学名誉教授となる。
昭和51年 10月20日逝去。享年96歳。



CD 金子大榮法話集 生地願楽寺 昭和29年

金子大榮先生筆「彼岸への道」

金子大榮先生筆「宗祖を憶ふ」額装

「法話の友」は、こちらをクリックしてください。

「平凡社改訂新版世界大百科事典の友」は、こちらをクリックしてください。


 

和の世界メニュー(仏教法宝物)

平凡の友メニュー

サイト内検索


お勧め商品メニュー

このサイトについて


Copyright (C) 2007 平凡の友 All Rights Reserved.

音楽教育の世界和の世界世界民族音楽の世界ジャズ音楽の世界クラシック音楽の世界トレンドの世界昭和・歌謡曲・話芸の世界
お勧め商品資料請求・お申し込み平凡の友通信平凡の友リンク集運営者情報特定商取引法に関する表記プライバシーポリシー